×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


2008年7月 札幌・旭川・函館 


友人達がみな行けないスケジュールでしたので
私だけ行ってきました。
そのため私の行きたいところをギュウギュウに詰め込み、
我ながら、本当にこれに行くのかなあ、と思う旅程になりました。

基本は飛行機往復とホテル一泊。
飛行機は、北海道内なら、In・Outの組み合わせ自由。

*右上に黒いモヤモヤが写っている写真がありますが
 霊ではありません。
 シャッターの蓋が開ききらなかっただけです。
 (昨年から微妙に壊れたままなのです)


まず、7/11。
羽田11時発の飛行機で千歳へ。
空港からJRに乗り、札幌着は14時頃。
駅ビルの「ぼるつ」でスープカレー。

「豚の角煮カレー」です。
1000円ちょい。

時間的に、駅周辺なら、ちょびっと観光できそうだったので
北大内のクラーク胸像を見に行きました。


札幌駅へ戻り、地下鉄で南平岸へ。
北海道テレビに行ってきました。

屋上にはonちゃんが!!!
1階の展示ロビーも楽しいです。

「雪面の飛び魚」も!!!
もちろん平岸高台公園にも行ってきましたよ!

聖地巡礼者もお見かけしました。
1〜3人ぐらいの人達が、途切れることなく来てました。
平日午後ですけど。

地下鉄に乗り、ホテルへ。
中島公園駅から徒歩3分のホテルビスタ札幌です。
オサレです。


この後は、いちおう時計台と、
翌日のバス出発所の確認。
大通り駅って、歩いて行けそう。
途中、地下街に入り、HTBショップでonちゃんグッズなど買いつつ、
時計台へ。

いちおうね。

中央バスセンターを確認し、ちょいと時間が余ったので・・・
地下街の案内の写真に惹かれて
三越別館2階の「パティスリールタオ(LeTAO)」へ。
「桃の・・・」なんだっけ。名前を控えてこなかったわ。

甘く煮た丸ごと桃(手を加えていなくてもともと甘い??)の中には
ココナッツムース。
桃の上はバニラアイス。
皿の縁のベリーも本物です。
美味しかったわ。
ドリンクとセットで1365円。

ほどよい時間になったので、札幌「fudge」へ。

ものすごく楽しかったです。
お客さんのノリも、とっても良かったし。
みなさん、札幌のライブ、オススメですよ!

ライブ終演後、夕ご飯へ。
ベタに味噌ラーメン。「一国堂」。

美味しかったです!
735円だったかな。

翌日からの観光を考えると、
今日の記憶が消える可能性があるので、
とりいそぎ、すすきのにあるネカフェで
ライブレポのメモを書き殴り。
翌朝用のパンを買ってホテルへ。
やっぱり歩いちゃった。
(地下鉄駅は、さっぽろ−大通り−すすきの−中島公園、の順。
 ライブハウスは大通りにあります。
 一区間は新宿−新宿3丁目くらいの距離です)

7/12。
予定より早く起きたので、ざっとシャワーを浴び、
パンを食べて、ホテル出発。
時間短縮と体力温存のため、地下鉄で札幌駅へ。
旅行荷物は駅のコインロッカーに入れ、
バスツアーの受付をすませる。

8時40分、バス出発。
最初の目的地は旭山動物園。
高速利用で2時間ぐらいかな?
園内2時間半のフリータイム。

小猿を見たり。

白熊の肉球を見たり。

オープンしたばかりの「狼の森」で狼を見たり。
爬虫類館以外は、殆ど見たと思います。

昼食は園内で。

目が覚めるほど、美味しくない焼きそばでした。

動物園を出た後は、美しい景色を車窓から眺めながら、


美瑛の「ぜるぶの丘・亜斗夢の丘」と
富良野の「富田ファーム」へ。
ラベンダーは今が見頃です。
 
紫の海のようでした。
私の写真の100倍は綺麗です。
素人写真ではこれが限界・・・。

買い食いも少々。
 
ラベンダーソフトとか
(右半分が紫なんだけど・・・、わからないね・・・)、
ぶどうジュースとか。

札幌へは予定より少々遅れて19時頃着。
札幌「fudge」の中は、こんなカンジ。

今日もお客さんがたくさん。
今日も盛り上がりました。
初日に、12日のポスターを見た気がしたんだけど
この日の終演後にカメラに納めようと思ったら
見あたりませんでした。

終演後、夕食へ。
近くにあった定食屋さん。
「おかわり1・4食堂」

小鉢にヨーグルトまでついて「冷しゃぶ定食」850円でした。
夜行バスの前の揚げ物は止めておきました。

23時前だったけど、中央バスセンターへ。
けっこう待っている人がいました。
化粧を落とし、どう森などで時間を潰す。
バスが来ました。

車内は基本3列。
しかし・・・・

私は最後列で4列席でした。。。
でも、前後も横も広かったです。

7/13。
朝5時過ぎ、JR函館駅到着。

荷物をロッカーに入れて、
化粧をして(日焼け止めを兼ねてね)
最初の目的地に出発!!
「土方歳三最後の地碑」

函館駅から数分です。
「燃えよ剣」を読んでから、約四半世紀後。
ようやく来ることができました。

さて。
歩いて函館駅に戻り。
駅近くの朝市場に行きます。
目的はご飯。
海産物は送料を考えれば東京で買う方が安いしね。
「一花亭たびじ」 ハラス定食945円。

イカ・ウニ・イクラは苦手だし、
ほたても大量に食べたくなるほどじゃないので
焼いた物を・・・。
脂が乗っていて美味しかった。

市電が動く時間になったので

車内で「1日乗車券」を買い、市内観光開始です。
(*地図は事前に(社)函館国際観光コンベンション協会からGET)

元町の坂の上の方へ行きました。

ハリトリス教会とかとか。
なにしろ朝早いんで、外観を楽しむしかないのだよん。
一通り回ったので、赤レンガ倉庫群にでも行くか、
だけど、横浜にあるのと、そんな変わらないよなあ、と思いながら
地図を眺めていると「称名寺」の文字を発見。
「新撰組隊士の供養碑」があるところで
ちょっと遠いけどマニア必見!と某所に書かれていたところだ。
でも、いまいるところからなら近いぞ!と向かいました。

縮小すると文字が読めなくなっちゃうね。
雰囲気だけでも伝われば・・・。

そこからは坂を下り、市電で湯の川温泉方面へ。

目的は、「コーヒーハウス きくち」。

そう、
対決列島第一戦
舞台となったところです。
ここが9時開店なので、
それに合わせて観光計画を練ったのですよ。
(練るってほどじゃないけどさ・・・)
さすがに3本は食べられないので、
モカミックスを食べました。230円。

実際の対決場所も見たのですが、
一部の場所には建物は建っているし、
それ以外の場所は草がぼうぼうだしで、
中までは入れませんでした。

せっかく温泉街に来たので
足湯でも・・・


それから市電で五稜郭へ。

本当に五角形でした。(あたりまえだけど・・・)
タワー(840円)から全体を見通した後は
公園内の博物館で土方さんの写真を拝むぞ〜、
と勇んで行ったら、
改修中で閉館だとさーーー。
一部の資料は市立函館博物館にある、、、
っって、朝行った方面だわよーーー。
またそこまで行くのもなーー、
でも、園内博物館を見て駅に行けば
空港に行くのもちょうどいい時間と考えていたのに・・・。

そこで思いだしたのが
「土方・啄木浪漫館」です。
函館駅と函館空港の中間ぐらいにあり、
これまたマニア必見な場所らしいです。
ささっと駅に戻り、荷物を出し、
バスターミナルへ・・・・。
しかし、バスはちょうど2分前に出たばかり。
次のバスで向かっては飛行機の時間に間に合わないので、
思い切ってタクシーを使いました。
初乗り530円なので、930円で到着しました。
豪華な昼食を食べたと思おう。
入場料は600円。

1階は土方関連、2階は啄木関連。
2階の生真面目な展示に比べると、
1階は、ほんとにマニアック!!
函館入りしてから戦死までの土方の行動を
CGを駆使した映像で見ることもできます。
オススメ!!

この後、空港行きのバスに乗り12過ぎに空港到着。
 *空港行きのバスは、「啄木小公園」より
  2つ先の「競馬場前」からの方がたくさん出ています。
  (1時間に2〜3本)
保安検査所を通った後、時間と金の節約を兼ね
サンドイッチを買って搭乗待ちの間に昼食。
12時50分発の飛行機で羽田へ。
東京に降りたら暑かった!!!!


かなり詰め込んだ日程でしたが、
明日の日中は外せない仕事があり、
夜は英国ロイヤルバレエ団の「眠り」です。
火曜日に出勤するまでが遠足です。