SEO対策 アドベンチャーワールド
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





2004.05.23


飛行機のマイレージが貯まり、国内なら一往復無料となりましたので、こういう時でもないと行けない場所に行こうと思い、南紀白浜のアドベンチャーワールドに子パンダを見に行くことにしました。すごく遠く思うけど、羽田空港から南紀白浜空港まで1時間5分、そこからバスで10分ぐらい。意外と近いところです。

                    
入り口です。パンダだらけです。入場料大人3500円。サファリワールドのケニア号は無料で乗れます。
9時5分発の飛行機がちょっと遅れてアドベンチャーワールド(ADW)には10時半頃着。まずはインフォメーションへ。しかし、すでにパンダ舎にも行ける「パンダツアー」は定員に達して受け付け終了。つーことで、11時45分発のミステリーツアーを申し込みました。どこへ行くかは出発してからのお楽しみポイントに3つ行けて
別途1000円です。

左)入場ゲートを越えた
  ところにいた南国風の鳥


右)噴水の中のオルカ

      ライオンです。

左)お休み中のレッサーパンダ



右)パンダをかたどった花畑

        
象さんと、その近くの水飲み場の象。

        
海獣館。左のペンギンは、ペンギンパレード時の記念撮影用です。

白クマ。男の子と女の子と1匹ずつ。でも、写真をたくさん撮っちゃいました。
        

        

ラッコとかゴマフアザラシの立寝とか。
        

次はミステリーツアーの集合場所「くつろぎの里」にいた鳥さんたち。
        
左はアメリカの国鳥ハクトウワシ。真ん中は白フクロウで右はみみずく???ここは説明を聞いてないので
わからんです。すいません。フクロウ・みみずくは手に載せて写真を撮れます。@1000円。

              
ツアーパスを胸に掛け、いよいよミステリーツアーに出発!どこへ行くのかな。

その1 カバ
こんな近くまで行ったのよ!

お姉さんの説明を聞いて
餌をあげました。
固めた草を、開けた口に
投げ込むの。

そしてカバ舎の中へ!

 一心不乱に餌を食べるカバと眠るコビトカバ
カバは最高時速何キロで走れるか知ってる?なんと時速60kmだって!!
  
その2 ラッコ
ラッコ舎の中に入って、ラッコに氷(ラッコのおやつ。餌の時間は決まっているので、それ以外はお腹が膨れない氷をあげる)をあげました。掌に氷を乗せて差し出すと、ラッコが取るの。ラッコの手は柔らかかったよ!感動!!
        
ラッコは頭がいいの。好きな食べ物を先に与え、後から嫌いな食べ物を与えると食べないんだって。だから嫌いな食べ物(個体差があって、ホタテ貝のびよびよとか)を先にあげるんだって。それを食べないと好きな物を食べられないから急いで嫌いな物を食べるんだって。あと、お腹の上で叩いた貝の残骸は水の中にポイするんだけど、飼育係の人が回収箱をコンコン鳴らすと、水中に潜って持ってきて回収箱の中に入れるの。そうすると好物を貰えるから。でも、ツアーの人がいる場合は氷しか貰えないのがわかっているので、飼育係の合図を無視するの。

その3 イルカ
   写真は撮れなかったんだけど、握手したり、お腹に触ったり!
こんなに体験できて1000円は安い!行かれる方は、ゼヒ申し込んでご参加ください。
  



(2)  (3)  (4)