×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



2003.09.28〜29

念願(?)の博多・熊本旅行です。
スコティッシュステイサービスのツアーを利用。
羽田→福岡&熊本→羽田の飛行機と、博多・熊本各一泊、朝食1回付きで一人約3万6千円が基本料金。

羽田を11時40分に出発。14時にホテル(東急イン)チェックイン後、一風堂本店へ。  
 ←←←
 本店外観
 
        →→→
      醤油ラーメン
      見た目より
      こってりでした
 
 これは「かさね味」の
 「上」
 とんこつだけど、
 割とあっさり
 茹キャベツだけ入った
 ラーメンに、
 トッピング等は別皿
 俵おにぎり、のり、
 メンマ、半熟卵、
 チャーシュー(2枚)、
 生春巻で950円

 無料の高菜等も美味
 
昼食後は西鉄で大宰府天満宮へ  
    

    

      
 右下の坂本竜馬は、名宝館の看板。竜馬の拳銃が展示されていたようなのですが、時間切れで入館できませんでした。
 道真公の経歴を人形で表したところにも行けなかった・・・。

 門前の土産物屋を冷やかしつつ、オシャレな茶房で梅ヶ枝餅を食す。
                  
 
なぜ門前町には、こーゆーアヤシイ物が売られているのでしょうか?
550円なので買っちゃいましたよ。
 

 大宰府の駅の電灯。
 
 この後、天神に戻り
 ライブハウス CBへ。
 (場所は先月確認済み)
 川口さんの1曲目途中くらいに
 入りました。 


 そして!いよいよ!水炊きです。
 鳥善@中洲店
     
    
    
 先付け+刺身+手羽焼き+なんこつ唐揚+焼物3種+水炊き+雑炊+デザートで3500円。
 酒に税金を入れて一人4600円。腹一杯。

博多・中洲の東急イン
    
翌日は高速バスで熊本へ。4人いたから4枚綴りの回数券で行きました。2000円が1600円に!
熊本へは2時間強。
 
 ホテルは熊本キャッスルホテル。
 熊本城の前で、ライブハウスからは徒歩3分ぐらい








 荷物を預け、交通センターで1日乗車券を買い
 まずは熊本ラーメンを食べに黒亭へ。
  
も〜、揚げニンニクが香ばしいのなんの!ウマイ!!
それから水前寺公園へ。広くてキレイなところでした。
園内の土産物屋には何故か烏骨鶏がいました。
   

   

   

   

   
門前で熊本名物「いきなり団子」を食べました。水前寺のりと朝鮮飴も買いました。
水前寺のりをここで買えば、瓶詰めは840円。しかし熊本空港では同じものが1050円でした!
その後は熊本城へ
   

   

   
天守閣は復元ですが、宇土櫓は江戸末期に手を入れたまま。
それ以前の時代から残っている部分もあります。貴重な空間でした。
5階で係りのおじさんが説明してくれたのですが
薩軍は賊軍
と強く言っているのが印象的でした。根深い感情が窺えました。さすが鎮西の地。
お城を堪能し、疲れ果ててホテルに戻りました。
風呂に入り、髪まで洗い、笑点の大喜利を見た後に夕食へ。
馬刺しを食べる!が熊本の目的の一つでしたので、ライブハウス近くの、
肉屋の上のすきやき屋(加茂川)などに入ってみました。
   
馬刺しもウマい(洒落じゃないわよ!)すきやきは焼いた肉に砂糖をまぶし、だし汁を入れ
醤油をさす関西風。甘い味付けが脳を溶かし、「観光もしたし、このままホテルへ帰って寝ようか」と
皆、考えた。しかし、
卓治が故郷に錦を飾る(笑)姿を
見逃すわけにはいかないので、自分自身を叱咤激励してライブハウス「BATTLE-STAGE」へ。
  
雑居ビルの5階にありました。外から見ると狭そうだけど、中は結構広かったです。
下北沢Queや吉祥寺MANDA-LA2よりは広かったと思う。
右の写真はアンコールで女性から貰った花束。
持って帰れよ、と思わなくもなく。

翌日は9時の飛行機で熊本発。池袋で昼食を食べた後、13時開演のリカコンへ(東京芸術劇場)。
  
  リカちゃ〜〜んっっ!!好き好き!!!
  千秋楽のためか、座席にはリカ会が用意したペンライトとミニ・ポンポンがありました。
  ご苦労様です。
  

 長い旅がようやく終わりました。